nexus7 2012 Android5.02でcifs

5.02でcifsを試してみました。
kernelのコンパイルはどこでもやっている事なので省略。
注意すべきはkernelにmountしたフォルダが空になってしまうバグ(?)のパッチを当てる事。まずこれが第一の関門でした。
詳しくは
http://forum.xda-developers.com/showthread.php?t=2107224
で書いてある事を読んで
https://www.mediafire.com/folder/kvdmcsl16x0ox/Sources
にある
Patchset-Android-5.0.zip
を当てました。
kernelは組み込み、モジュールロードどちらでもOKでした。

第二の関門はAndroid4.3以降に設定されたSELinuxの解除。
これをしないとどれだけmountしてもroot以外読む事が不可能という事。
SELinuxをPermissiveにすれば読むことは可能ですが当然アドウェアやマルウェアに対して無力になるという事。つまり諸刃の剣。
4.2以前ではPermissiveだからその頃と同じと割り切れば設定してもいいかも。
これはroot権限でsetenforce=PermissiveとすればOK
最初起動時にこれを実行しようとしたけど、これをするときってmount時しかしないので私はgscript liteでmount操作と一緒に設定しています。
cifsmanagerでも(試してないですが)いいと思います。

2点を注意すれば問題なく使用可能です。

スポンサーリンク
広告
広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
広告