nexus7 2012 5.02でcifs(カーネル構築編)

さていよいよカーネルのコンパイルを行います。

何度も書きます。

自己責任において行動してください。私は一切責任を持ちません。動かなくなった場合メーカー保障もきかなくなります。またこれら文章を読んでいてわからない言葉があるのなら絶対にお勧めしません。やる前に十分な勉強をするべきです。それをご理解のうえでお進み下さい。

まず必要なファイルを一箇所に集めます。

https://www.mediafire.com/folder/kvdmcsl16x0ox/Sources

から

Patchset-Android-5.0.zip

をダウンロードして下さい。

また

https://developers.google.com/android/nexus/images

から

nakasi-lrx22g-factory-2291c36b.tgz

をダウンロードしておいて下さい。

次にスクリプトを書いた物をUPしておきますのでこれもダウンロードしておいて下さい。

5_0_2

それらをWinSCPなどで仮想環境のユーザーnexusのホームフォルダに転送しておきます。

その後Puttyなどで仮想環境にログインして作業を進めます。

具体的な手続きは以下の通り

ここで行っていることが理解できないのであれば今すぐ止めてください!

※1(2015/01/20-16:29)
49行目は次投稿で補足を入れました。

うまくいけば~/boot/myboot.imgが作成されます。これをホストに転送してNexusRootToolなどboot.imgを書き換えられる物でカーネルを変更します。

うまく起動できればcifsが使用できる環境になります。

なお5.02ではSELinuxがEnableになっていますので

としてpermissiveと返事が返ってくれば成功です。
これをしないとどんなboot.imgを作ってもSELinuxで拒否されますので通常ユーザーでは接続できません。

私はこれでLinuxSambaの共有及びWindows7の共有を見ることに成功しています。

スポンサーリンク
広告
広告
広告
広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
広告
広告