okgoogleとユーザー補助の関係

開発メモ
ユーザー補助のサービスを利用して通知を取得する際にAccessibilityServiceを利用するのが一番簡単に設置することができます。
AccessibilityServiceには最低onAccessibilityEventとonInterruptだけ設置すれば取得することが可能になります。
しかしAndroid4.4以上で利用できる”Ok Google”とマイクにしゃべるだけで音声検索機能が有効になる機能はAccessibilityServiceの設定を少し修正しておかなければなりません。
AccessibilityServiceを設置する際にアクセス制限をかけないと有効にならないんです。
ではその方法とはどのようにしたらいいのでしょう。
答えとしてはfeedbackTypeをFEEDBACK_GENERICにする必要があります。
それにはサービス開始時に設定を施してあげる必要があります。
それを実現するためにはonServiceConnectedをオーバーライドしてあげる必要があります。
具体的には以下の通り

これをextends AccessibilityServiceしているクラスに加えます。
こうすることによって「通知イベントが発生」かつ「フィードバック限定」で設置することが可能になります。

スポンサーリンク
広告
広告
広告
広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
広告
広告