Win10 1809 ファーストインプレッション

 昨日からWindows 10 October 2018 Update(以下1809)が降ってくるようになりました。

 うちには3台のWin10端末がありますがそれぞれアップデートしてみました。

 まずは被害が少なそうなWinタブ。DG-D08IW2Lを調理してみました。昼の12時丁度からスタートして5時間(!)で完走しました。思ったより長かったです。まあメモリも少ないし、これくらいはかかるかなぁとは思っていましたので、電源をつけっぱなしでバッテリーを温存させる方法がよかったらしくちゃんと1809になってくれました。

 その間に次のWinノート、ASUS TX-201LAをアップデート。こちらは予想に反して1時間で終わりました。これも特に不具合等は出ておりません。

 そしてメインPC 自作PC(i5-4670K + 16GB MEM + SSD128GB + HDD4TB)構成ですがこれも特に不具合は出ておりません。

 どのPCも問題無く動いております。あっけなかったかな。これからアップデート内容に従って少しずつ調査していこうかと思いますが、このアップデート、正直目玉という目玉がありません。強いて挙げればテーマの背景が黒を選べる(前からあったって・・・)位ですかね。

 Proを利用している人はWindowsUpdateの詳細オプションで「更新プログラムをいつインストールするかを選択する」が選べます。特に必要無い方は「半期チャネル」「機能更新延期可能日」を365にすればそのまま維持することができます。

スポンサーリンク
広告
広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
広告